INORAN TOUR 2013 -MAKE YOU BANG!!!- @DRUM Be-1福岡

画像

なんだろね~。
この感覚。
本日 頭痛に見舞われまして、薬飲んで参戦したからか、なんだかおかしいです。

始めに総括 書くのもおかしいけど、INORANの笑顔がたくさんあって、何より可愛かった!
うん。
凄いぞ!
Nちゃんが、後ろ姿まで可愛かったって言ってたんだけど、ホントだったよ。
そんで、楽しかった☆

今日が、ツアー折り返しになるらしいが、行こうか迷ってる人は行った方がいいと思う。
福岡もチケットはソールドアウトになってたけど、当券出たしね。

なんなんだろうな~。
まだフワフワした感じなんですね。


とりあえず、ネタバレ進行。
今日も晴れ(笑)
いや、地元出発する時、土砂降りになりましたけどね。
地域的なものだったみたい。

いつもは、グッズは買わないんだけど、今回は、会場限定で、
CD が販売されていたので久しぶりに購入。
画像


秋になったとはいえ、まだ暑いので、待機場所の会場隣接の公園で蚊が出没。
皆で蚊を追い払うのに必死だ(笑)

ゾロゾロ入場。
今回、200番台なんで、のんびり。
2段目バー傍、中央からやや上手側を陣取りました。

少し高くなってるので、見やすくはあります。
随分前に、入場したNちゃん達は、どこに陣取ったのかと見渡したが、確認できず。

暫くして、Hが「あれ?アレNちゃん達じゃない?なんでこんな所に?」と言うので、
見てみたら凄い近くにいました。

今回は、バックに「INRN」のロゴの幕が張ってありました。
他は、今回kikuっちゃんがいないので、機材が少ないなっていう印象。

5時50分位に、ローソク点火。
あ。今日はローソクは4本でした。

スピーカーに一番近いローソクが、音に合わさるかのように、火が大きくなったり、小さくなったりして、
振動のせいですかね?

55分位にスモーク?が。
6時少し過ぎに、客電落ちて、ステージ上アンプやらに、電飾が灯る。

u:zoくん、ヤマガタさんがほぼ同時に登場。
続いて、ムラタさん。
最後に、INORANご登場。

本日のお衣装は、INRNロゴのTシャツにジャケットの袖まくり←コレ好き
そしてサルエルパンツ←コレはあんまり…
全て黒です。
最初は、光の加減でか赤っぽく見えたけど黒だった。
アクセサリーもしてましたが、ちょっと見えんかったね。
あ。ネックレスはしてなかったかな。
靴は当然見えません。

黒ギターを抱えて始まったSomething about you(新曲)
はっ!?
コレから始まるん?
ちょっとビックリしました。
前方では、ノッてる人、地蔵状態の人…もう聴いてる人もいるだろうけど、
若干探り探りな雰囲気。

この時点で既に、INORANの可愛さ&カッコよさ炸裂中。
先日からTVで、ご尊顔は拝しておりましたが、ナマは違うんです!
や!これホントっちゃ!
画面越しじゃないってこういう事です。
心の中で「なんっじゃこりゃ!」って思ったのよ。
ちょっと、この可愛さ尋常じゃないでしょ?って。
それで、今回のLIVE 始終感覚がおかしかったのかなぁ~(笑)

続いてOne Big Blue
…いつもさ思うんだけど、大文字小文字が混ざってるので、非常に書きにくい。
言葉では覚えてても表記は忘れてるからね(苦笑)
CD出してきて確認しながらよ。

そうそう。
この曲から次までは白ギターでした。
これ以降、2~3曲で、白黒交代って感じでしたね。
この曲の勢い凄いよね。
1曲目地蔵状態だった人も踊ってましたよ。
正直な所、こっからLIVEが始まった感じかな?

そして、イントロ変わって最初なんの曲だか分かんなかったHide and Seek
この曲がこの位置に来るのがまた驚きで。
けど、盛り上がったねぇ~。
やっぱ好きやな。

そうそう。
今回通して思ったのが、INORANさん すんごい頭振っててね。
気合も凄かったよ。

「yeah!福岡!元気ですかっ?」(ありゃ、声きてる?って感じましたがどうなんだろ?)
「俺らもヤル気満々なんで!お前らもヤル気あるよな!?
それじゃぁ、最後まで楽しんでいってください」

ってことで、次は黒ギターでNo Name
この曲に限ったことじゃないけど、音源から変化をしております。
まさにLIVE Ver.って感じ。
こういうのっていいよねぇ~。

SuperTramp
この曲の間奏(というのかは分からん)でINORAN後ろを向いて
ギター弾いてたんだけど、拍子に合わせて頭を左右に振った姿がね
なんじゃこりゃ!レベルの可愛さだったのよ!
「これだ!Nちゃんが言ってたのは!」って思った。
(Nちゃんが可愛いと思った所は違うかもしれんけどね)
INORANって肩のラインがホントにステキ。うん。

続きましてSelfless
個人的にCDよりイイ感じだなぁ~と。
間奏中のINORANのギターも凄かったっすよ。
あたしは、楽器は一切出来ないので、技術的な事とか全く分からんのですが、
なんか凄い弾いてるぞ~って。

以下MC略称で書きますが、INORANをIにすると見えにくいので平仮名で。
い)暑いね!…でも皆涼しい顔してるよ!
客)ははは!
い)冷房切ってください!
客)え~!!
い)うそです。
客)はははっ!
い)え~昨日岡山で2daysってことでもないですけど…(ここいらで何か言ったと
 思うけど忘れました)…で、今日が折り返し地点なんですよね。
客)おぉ~!拍手
い)今日が初めての人っていますか?

あたしの二人前の方挙手。
グルッと見た感じ4・5人位いたのかなぁ~。もっといたのかも。

客)おぉ~&拍手
い)初めまして。こんな奴ですが、どうぞよろしく(笑)九州の人は?

半数以上挙手!

客)おぉ~!
い)九州!いいLIVEにするからね!…じゃ、九州以外って人は?

ポコポコと手が挙がる(あたしも一応九州以外なんで)
結構な多さだったのか、会場どよめく。

い)今、ウチのスタッフが野鳥の会の様に数えてますんで(笑)
客)大爆笑!
い)どうもありがとう。


「踊ってください」って始まったno options
んが…なんかギターの音しかしないよ。
なんか変。
って思ったらu:zoの元へ大月さんが駆けつける。
で、音が出たが曲が止まる。

い)no optionsは飛ばします!
客)え~っ!!大ブーイング

慌てるu:zo(笑)

い)直ったの?←お母さんみたいだった。
u)大丈夫です!
い)まぁ…皆も踊ってなかったしね(笑)

で、再開されたno options
や~この曲って、やっぱベースの威力って凄いんだな~と。
曲全体も好きだけど。
ベース好き。

12弦のギターに持ち替えのHOME。
u:zo髪をお団子にする。
くせっ毛(?パーマ?)だからか、クルクルと巻きつけただけで、お団子になる。
ピンで止めなくても団子になるなんて便利な髪の毛だな。

壮大で力強い。
さっきまでとは違う空気感になる。

今度はエレアコに持ち替えのJoshua。
ライターの火がちらほらと灯る。
この曲、やっぱINORANさんは他の曲とはちょっと違う発声してる感じ。
それが、雰囲気に+になってる感じ。

知らない間にu:zoは髪の毛を下ろしていた(笑)
そして、またサッカー会場になる。

ここだったか、お客にの歓声に応えて「なに~?」って言ったのが
えらい可愛かったなぁ。

い)楽しいねぇ!みんな!楽しんでる?
客)いえぇ~い!
い)てか、お前なんなの?(u:zoに向かって)
客)あははははっ!!
u)すんませんっ!
い)はい…。ベース置いて…(ここの空気感凄かった/笑)u:zoは罰として!腕立て1回!
客)爆笑
u)浅いヤツですか?深いヤツですか?(この間 直立不動/笑)
い)浅いのでいいよ。

u:zo腕立て伏せをするが、ホントにピコンって感じの腕立てだった(笑)
なのにやりきった感のu:zo(笑)

い)あ~MC飛んじゃった!u:zoのせい(笑)
客)はははっ!
い)まぁ、いいんだけどね(笑)このメンバーで“Hide and Seek”
“DIVE YOUTH,SONIK DIVE”と今回の“MAKE YOU BANG?”とやってきたわけですが。
メンバーそれぞれも各々の活動があって。
ムラタさんはmyway myloveっていうバンドをやってて。
先日アルバム出たんですよね。めっちゃイイアルバムなんすよ!
みんな聴いた?もう聴いた人!

結構な反応。

ム)そんな聴いて下さってるんですか?(感涙に咽ぶ)
い)脚本通りですね(笑)
ム)えっ?そういう事なの?
い)すみませんでしたっ!(笑)

INORAN抱えてたギターを後ろに置き、ピックは口に咥えて、腕立ての構え(笑)
会場は、今日1番の盛り上がりに!
あたしは、身を乗り出して見ましたよ!
がっつり腕立てしてました。
悲鳴と歓声&拍手 なんだか凄い状態に。
滅多に見れるもんじゃないからね。
INORANのナマ腕立てなんて。
ちなみに、この時ムラタさんも一緒に腕立てしてました(笑)

ム)あの…なんか変な方に行ってません?元に戻しましょ(笑)
い)あの。物販の方でも販売してますので、是非!
というか、買わないと帰れないから(笑)一人二枚な!
で、u:zoはバンド組んで。
客)おおぉ~っ!
い)サンオブフリーダムっていうんだよね(おそらく英語表記だと思われますが、分からんので)
聴かせてもらったら、めっちゃよくて。
やっぱりファミリーだし、皆に聴いてもらいたいなと思って、今回こうやって、聴いてもらうことにしました。

拍手。

い)でもね。下手するとINORANの曲より盛り上がっちゃうんだよね!
いい?コレ前振りだからね(笑)
で、セトリの中にどうやって入れるか、順番的にね?どっちを先にやるかっていう…。
リハの時もムラタさんとu:zoが殴り合いのケンカして、木の下で仲直りするっていうね…(笑)
u)したした(笑)
い)だから毎回、ジャンケンとかで決めてきたんだけど。今回どうやって決めようかと。
何かいいアイディアある人!

するとツワモノが挙手(すげぇ!)
INORAN はい。と指差す。
ツワモノ)腕相撲!
い)はい。ジャンケンね!
客)あんまりな却下ぶりに爆笑(後でありがとうって言ってたよ)
い)だって、腕相撲にしたら、それが今日のLIVEで1番印象に残っちゃうでしょ?
ム)弾けなくなっちゃうし。

なんだかかんだで、ジャンケン三本勝負、u:zoが、勝ちました。
そのジャンケンしてる間、ステージの前でムラタさん向きにしゃがんで、
左手で頬杖つくようなポーズで、勝負の行方を見てたんだけど、
なんとなくライトのせいなのか、眠そうな目をしてて、それがなんともセクシーだったのよ。

u:zoから曲披露。
その後、ムラタさんの曲披露。
どちらも会場盛り上がってましたよ。
u:zoの曲は、あたしには速過ぎてノり方が分かりませんでした(苦笑)
お二人には申し訳ないんだけど、INORANがギター弾き倒してる姿しか見てない(笑)

この後のINORANのMCが、まだまだ行けますか?とかってよく言うじゃない?
このテンションが妙でさ。
怒ってるのでもないし、笑ってるんだけど、なんか小学校の先生かと(笑)
腕を挙げていいものか、およよ?って感じになる。
あたしだけかな?

Something about youとBlack Velvetを引っさげてのツアーだった訳ですが…って事で、
Black Velvet(新曲)

初聴きですが、イイ感じです。
家帰って、じっくり聴きたいなって思った。

ここで、INORANのテンションは戻ってきました!
まだまだ行けますかっ!
行けるだろ?

smoke
煽られた分盛り上がりましたね。

ギターを置いてマイクを取ってのnasty
INORAN 所狭しと動き回り、お客を煽り、終盤の盛り上がりを見せます。
引き続き、マイク持ちのRightawayなんだか久しぶりな気分。
っていうか、あたくし久しぶりなんで歌詞忘れてましたよ(苦笑)
日本語歌詞なんにまともに歌えなかった(ダメじゃん)

そして、再びギターを構えgrace and glory
この曲は踊り倒しますよね。
楽しい♪

ラストはGet Laidですよ!
い)ラストだからな~!
客)え~っ!
い)時間は長さじゃぁ ねぇんだよ!濃さなんだよ!←このセリフ今日1番シビれた
い)この3分に全てを込めろ!いいか!九州魂見せろよ!
客)いぇ~い!
い)僕が…俺が、自分がGet Laid!Get Laid!って言ったら…
レディース!Get Laid!Get Laid!って言って下さい。
そして、俺が、自分がOh yeah!Oh yeah!って言ったら、野郎…男子ね。
Oh yeah!Oh yeah!って腹の底から声出せよ!いいか!いくぞ!

い)Get Laid!Get Laid!
女性客)Get Laid!Get Laid!
い)Oh yeah!Oh yeah!
数少ない男性客&ムラタさん・u:zo)Oh yeah!Oh yeah!
い)この掛け合いエロくていいねぇ~!(ニヤリ)
でもまだまだ聞こえないんだよ!もう1回行くぞ!レディース!&野郎!
Get Laid!Get Laid!
女性客)Get Laid!Get Laid!
い)Oh yeah!Oh yeah!
男性客&ムラタさん・u:zo)Oh yeah!Oh yeah!

こんな言葉叫ばしておいて、とりあえずレディース扱いなんだって
笑えてしまいましたが、この曲はこんな掛け合いも楽しい。

ラストにふさわしく大いに盛り上がりました。

最後にメンバー紹介があり、またここに来た時はこのメンバーで
会いましょうって4人が整列してお互いの背中に手を回してご挨拶。
みんな笑顔で去っていきました。
最後に去っていったINORANさん。
何かにけつまずいてましたよ。
それも可愛かった☆

いや。
ホント楽しかったなぁ~。

そうそう。
気になったINORANの仕草。
ペコちゃんみたいな笑い方(笑)
今まで、あんな笑い方してたかな~?
結構な回数やってたよ。

あと、なんの曲の時だったか、ちょっと昔に女の子の間でプリクラとか
写真撮る時、顎のあたりで裏ピースするの流行ったよね?
あれをやって、舌出してましたよ。
何かの合図だったのかしらん?

また思い出したら、追記するかも?
今回、MCが面白すぎて、今までになく曲順覚えてたのに、MC思い出すのが
大変だった。
間違ってると思いますが、ご了承下さい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック